なでしこ 佐々木氏 陸前高田で「夢先生」今後は「まだ決まったわけでは…」

[ 2012年10月30日 17:19 ]

 ロンドン五輪でサッカー日本女子代表の指揮を執った佐々木則夫氏が30日、東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市の小学校を訪問した。被災した子どもたちのために展開する「スポーツこころのプロジェクト スポーツ笑顔の教室」の「夢先生」として、自らの体験をもとに夢や目標を持つことの大切さを語った。

 佐々木氏は午前中に小友小の5、6年生、午後に広田小の6年生と交流。「大変な状況でも子どもたちは元気で前向き。僕が元気をもらった」と話した。

 今後の去就については日本女子代表監督の続投が濃厚だが「まだ決まったわけではない」と話すにとどめた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年10月30日のニュース