広島、仙台とも引き分け 両者譲らず勝ち点55

[ 2012年10月27日 19:39 ]

 J1第30節は27日、万博記念競技場ほかで9試合が行われ、首位を争う広島、仙台がともに1―1で引き分けて勝ち点55とし、得失点差で広島がトップを守った。広島はG大阪に先制を許したが、後半の森崎和のゴールで同点とした。2位仙台は赤嶺の先取点を守り切れず、磐田に追い付かれた。

 C大阪と引き分けた浦和が勝ち点49で3位。清水は鹿島に競り勝ち、同48で4位に浮上した。

 J1残留争いでは、大宮が柏に勝ったが、神戸は川崎Fと、G大阪は広島と引き分け、新潟は鳥栖に敗れた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年10月27日のニュース