マルキ口火弾!横浜 4発快勝でACL射程圏内に

[ 2012年10月21日 06:00 ]

<横浜―磐田>後半26分、3点目のゴールを決める横浜・中村(左)

J1第29節 横浜4-0磐田

(10月20日 日産ス)
 横浜が今季初の4得点で磐田を破った。前半14分にマルキーニョスが口火を切ると同35分に兵藤が加点。後半に入り26分に中村、最後は同39分に中町が決めダメを押した。守備でも中村、ボランチの中町、富沢らが連動して3試合連続で相手攻撃陣を零封。富沢は「DFラインもコンパクトにしてくれたんではまった」と胸を張った。

 4得点は昨年5月21日のホーム甲府戦以来で、ホーム白星も8月11日の新潟戦以来4試合ぶり。これで順位も9位からジャンプアップし、目標とするACL出場圏も見えてきた。それでも中沢は「相手は関係ない」と目の前の試合に集中することを強調。中村と富沢は試合後のロッカールームで早くも27日の名古屋戦について話し合ったようで、主将の中村は「またきょうとは違うやり方が必要となる」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年10月21日のニュース