磐田 3連敗で森下監督「責任を感じる」

[ 2012年10月20日 17:37 ]

J1第29節 磐田0―4横浜

(10月20日 日産ス)
 磐田は攻守ともいいところなく、3連敗となった。森下監督は「責任を感じる。横浜の圧力に押し切られた。きょうはスコアも含めて完敗」と認めるしかなかった。

 守備的MFを経由して、サイドへ展開するのが得意のパターンだが、そこを相手に狙われ、球際の争奪戦で劣勢になった。FW前田の不在も響き、攻めの形もつくれなかった。駒野は「受け身になってしまった。次、頑張るしかない」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年10月20日のニュース