浦和、打倒仙台へ原口外し 16戦ぶりスタメン落ち

[ 2012年10月20日 06:00 ]

ミニゲームで坪井(左)のマークをかわす原口

 20日に2位・仙台との大一番を迎える3位・浦和の原口がリーグ16試合ぶりにスタメン落ちすることが決定的となった。1トップにはポポが起用される見込み。ペトロヴィッチ監督は19日の最終調整後、「原口はG大阪戦後、自分の中でどの場面でどのプレーをすべきか整理できていないのかなと感じる」と説明した。

 最近4試合連続無得点の若きエースは「何で得点が決まらないのか分からない。(サッカーを)楽しめていないんじゃないかな」と悩める様子を隠さない。ただ指揮官は「彼はまだ若い。良い選手には違いない」と荒療治でのさらなる成長を期待している。原口も「どんな形でも良いから得点を決めたい」と屈辱をバネにすることを誓った。

 残り6試合で首位・広島とは勝ち点6差。負ければ逆転優勝が限りなく困難となる一戦で、浦和が大きな賭けに出る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年10月20日のニュース