神戸 主力不在の危機的状況は“新鮮力”活用で打破!

[ 2012年10月13日 06:00 ]

 神戸が危機的状況をフレッシュな力でカバーする。ケガ人続出のチームはこの日も主力不在で練習。大久保、田代、吉田、野沢、伊野波、相馬、高木らが欠席するなか、13日に急きょ練習試合を組んで次節のアウェー清水戦(20日)に向けてのテストをすることになった。

 特にセンターバックに3人の欠場者が出るため、18歳のDF岩波の先発出場が濃厚。西野監督は「2人しかいないわけだからどうこうもないし、行ってもらう。力はあるし、怖いモノ知らずでいってもらえれば」と期待をかけた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年10月13日のニュース