G大阪の川西 11カ月ぶりに実戦復帰でさっそく得点

[ 2012年10月7日 18:03 ]

 昨年11月に右脛腓骨骨折の大けがを負い、リハビリを続けてきたG大阪のFW川西が7日、大産大との練習試合で実戦復帰した。川西は後半途中から約20分間プレー。浮き球パスに抜け出して右足で1得点した。「楽しくて(20分間が)早かった。ここから試合勘や体力面を戻していきたい」と笑顔で話した。

 今後は状態を見ながら出場時間を増やしていく方針で、松波監督は「明るいニュース。これから力が必要になる」とJ1残留争いにおける貴重な戦力として期待した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年10月7日のニュース