マンU 新鋭ボランチFC東京・高橋獲りか

[ 2012年10月1日 06:00 ]

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドが獲得に乗り出したと報じられたFC東京の高橋秀人

 日本代表MF香川真司(23)の所属するプレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドがFC東京の日本代表MF高橋秀人(24)の獲得に乗り出したとドイツ、英国の複数のメディアが報じた。

 ドイツのサッカー専門サイト「4―4―2.com」によれば、マンUのファーガソン監督が、高橋の運動量、タックルの技術、守備能力を評価しており、移籍金は300万ユーロ(約3億円)以上になる見通しという。

 高橋はボランチとセンターバック(CB)を高いレベルでこなし、今年5月のアゼルバイジャン戦で日本代表デビュー。ザッケローニ監督の評価も高い新鋭ボランチだ。複数の関係者によれば、日本人の活躍が目覚ましいドイツのハンブルガーSV、ボルシアMG、フランクフルトなども獲得に興味を示している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年10月1日のニュース