トップ下で先発も…岡崎のプライド「FWで勝負しにきている」

[ 2012年9月24日 10:56 ]

ブレーメン戦で競り合うシュツットガルトの岡崎
Photo By スポニチ

ブンデスリーガ シュツットガルト2―2ブレーメン

(9月23日)
 シュツットガルトのFW岡崎は無得点。中盤、FWと目まぐるしく位置を変え、終盤に退くまで主にトップ下でプレーしたが「自分のペースでサッカーができなかった」と苦笑いを交えて語った。

 ドイツに来てからは中盤での起用が多いが、最近は本職であるFWの感覚を取り戻すため、居残り練習もしているという。「海外にはFWとして勝負をしにきている」と点取り屋のプライドをにじませた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年9月24日のニュース