×

カズ フットサルにも勝利給を!競技ステータス向上願う

[ 2012年9月6日 06:00 ]

トレーニングを再開したカズ

 日本サッカー協会からフットサル日本代表入りを正式要請されたJ2横浜FCのFW三浦知良(45)が、同代表選手全員を対象とした「勝利ボーナス」設定を提言していることが5日、分かった。11月1日開幕のW杯タイ大会出場とともに、フットサルの競技ステータス向上を目指す。体調不良のため約1週間、実戦練習を回避していたカズはこの日、トレーニングを再開した。

 カズの願いを込めた、新たな提言だ。W杯タイ大会に出場するフットサル日本代表入りを要請されたカズは日本協会幹部らと話し合いを重ね、前向きに検討中だ。そんな中、複数の協会関係者によると、カズから「勝利ボーナス」設定の提言があったという。対象はもちろん代表選手全員。異例の申し入れに、カズの、フットサルの競技ステータス向上を願う熱い思いが透けて見える。

 サッカー男女の日本代表や五輪代表には試合ごとの勝利給があるが、フットサル代表には無縁。日の丸を背負う重圧を知り尽くすカズは国際試合で勝利給の持つ意味も理解している。カズが日本代表に入り、W杯に出場すれば注目度は高まる。さらに目に見える形での報酬が支払われるようになれば、選手個々のプロ意識や士気を高めることができ、W杯での好成績にも直結する。同時に競技ステータスの向上にもつながるはずだ。波及効果は小さくない。

 ▽フットサルの現状 競技人口は年々増え昨年末に370万人を突破した。日本フットサル連盟は07年に全国10クラブで構成する「Fリーグ」を新設。日本代表はAFCフットサル選手権で06、12年に優勝。W杯には89年の第1回、04年の第5回、08年の第6回大会に出場したが、いずれも1次リーグ敗退。大会に優勝した場合の報奨金は設定されているが、試合ごとの勝利給はない。

 ≪サッカー男子A代表W杯本大会200万円≫男子のA代表の勝利給はW杯本大会なら200万円、W杯予選なら30万円、親善試合なら相手のレベルに応じて10万~20万円と規定されている。引き分けなら、それぞれ半額が支給される。女子のなでしこジャパンの場合は、ロンドン五輪前に従来の10万円から30万円に増額された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2012年9月6日のニュース