完全レギュラー待遇だ!麻也 背番3内定の3年契約

[ 2012年9月1日 06:00 ]

プレミアリーグのサウサンプトンに移籍をした日本代表DF吉田麻也

 プレミアリーグのサウサンプトンに移籍が決まった日本代表DF吉田麻也(24)が完全レギュラー待遇で迎えられることが分かった。クラブ関係者によると背番号は3に内定。3年契約で年俸は推定1億5000万円という。

 吉田はクラブ公式サイトで「プレミア入りは子供の頃からの夢でした。セインツ(サウサンプトンの愛称)の一員となれたことに大きな喜びを感じます。チームとファンのためにベストを尽くしたい」と喜びを語った。

 サウサンプトンは長期にわたって吉田を調査。(1)オランダリーグの出場数と得点力(2)A代表の実績(3)ロンドン五輪の活躍――を高く評価して獲得に踏み切った。15日のアーセナル戦で先発デビューの可能性が高いという。

 アドキンス監督は31日の会見で「両足を使えてフィジカルも強い。英語も素晴らしく、すぐにチームになじめると思う」と期待した。吉田の代理人を務める清岡氏は移籍の過程で、プレミア全クラブと接触。その中にはビッグクラブも含まれ、吉田はまずサウサンプトンで活躍し、さらなるステップアップを目指す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2012年9月1日のニュース