前回は9戦白星なし…ゴトビ監督 連勝ストップ後に要注意

[ 2012年8月27日 13:37 ]

 失敗は繰り返さない。前日に0―2で浦和に敗れたJ1清水は26日、軽めの練習後、約40分のミーティングを行った。前半に2失点した前夜のビデオを見ながら、ゴトビ監督が「チーム全体が良くなかった」と反省点を指摘。9月1日の札幌戦に向け、攻守の課題を確認した。連勝は3で止まり、次節の大切さを強く感じている。チームは5月に3連勝が止まると、リーグ戦9戦連続で白星を逃した。泥沼を経験した指揮官は「(連勝が止まった後は)普段以上に必死に戦う必要がある」と力を込めた。

 浦和戦でリーグ戦に初先発したDF犬飼も課題と修正点を再確認した。イメージ通りのプレーができず「もっと思い切りやるべきだった。相手をマークし切れなかった」。上位争いをするため、連敗は避けなければならない。敗戦を引きずらず、失敗を糧にする。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2012年8月27日のニュース