前田2得点 森下監督「球際での執念を出し、それが報われた」

[ 2012年8月18日 23:37 ]

J1第22節 磐田4―3C大阪

(8月18日 ヤマハ)
 磐田は4試合ぶりの勝利を収めた。同点ゴールと決勝点を奪った前田は「前半からチャンスはあり、後半は決めたい気持ちが強かった。厳しい試合で勝つことができてよかった」と喜びに浸った。

 2―3から後半37、40分に連続ゴール。猛攻が実った森下監督は「球際での執念を出し、それが報われた」とうなずいた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年8月18日のニュース