清水・村松、頭で決勝点「落ち着いてプレーできた」

[ 2012年8月18日 23:16 ]

<鳥栖・清水>後半、決勝ゴールを決め喜ぶ清水・村松(左)

J1第22節 清水1―0鳥栖

(8月18日 ベアスタ)
 清水が3連勝。鳥栖のカウンターに苦しんだが、セットプレーを決勝点に結び付けた。

 後半20分、大前が蹴った右CKを「きょうは落ち着いてプレーできた」という村松がヘディングで合わせた。「当たった感触がよかった」と振り返った通り、遠いサイドできれいにボールをとらえた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年8月18日のニュース