バルサ奪冠か、レアル連覇か…リーガ・エスパニョーラ開幕

[ 2012年8月18日 06:00 ]

 スペインのリーガ・エスパニョーラが18日に開幕する。2季ぶりの王座奪回を狙うバルセロナはFWビジャが負傷から復帰し、スペインの欧州選手権優勝に貢献したDFジョルディ・アルバをバレンシアから獲得した。

 監督交代は不安要素になり得るが、ビラノバ監督は助監督から昇格。グアルディオラ前監督を“頭脳”として支え、路線継続には最適だ。プレシーズンマッチで4戦5発と好調のFWメッシも「近年大きな助けになってくれた」と信頼を寄せる。

 王者レアル・マドリードはモウリーニョ監督が就任3年目を迎えて堅守速攻の戦術が浸透。目立つ補強はないが、指揮官は「チームはほぼ完成」と訴える。大型補強で注目されたマラガは昨季4位と健闘も、クラブ売却の可能性が報じられるなど不安が増大。2強一騎打ちの構図は変わりそうにない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2012年8月18日のニュース