ザック監督、守備に手応え「伊野波も水本もよかった」

[ 2012年8月15日 21:56 ]

ベネズエラと引き分けに終わり、厳しい表情のザッケローニ監督

キリンチャレンジカップ 日本1―1ベネズエラ

(8月15日 札幌D)
 W杯ブラジル大会アジア最終予選のイラク戦に向けての強化試合は、圧倒的にボールを支配しながら1―1のドロー。日本代表のザッケローニ監督は「前半はスタート直後に点を取れたし、まあまあの出来。もう少し点を取れればよかったが…」と淡々と振り返った。

 イラク戦で出場停止となる今野、内田、栗原に代わるDF陣のテストという目的で、センターバックに先発は伊野波、後半は水本を起用。失点はあったものの、守備が破たんするシーンはなく、指揮官は「伊野波もよかったし、水本もよかった」と手応えを感じた様子。

 途中、本田を1トップに置いたことに関しては「圭佑がセンターフォワードとして十分にやれることは分かったが、基本的にはトップ下で考えている」とした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年8月15日のニュース