ロベカルが引退正式表明 “銀河系軍団”黄金期支える

[ 2012年8月2日 10:26 ]

ブラジル代表として活躍したロベルト・カルロスが今年限りの引退を発表した

 元ブラジル代表DFでロシア・プレミアリーグ、アンジに所属するロベルト・カルロス(39)が1日、現役引退を正式に表明した。今後はアンジのスタッフに就任する。

 同選手は攻撃的な左サイドバックとして、元フランス代表MFジダンらを要し“銀河系軍団”と呼ばれたレアル・マドリード(スペイン)の黄金期を支えた。

 強烈な左足を武器に、Rマドリード在籍時には4度のリーグ制覇、欧州チャンピオンズリーグ優勝3回など、輝かしいキャリアを送った。同チーム退団後は、ジーコ元日本代表監督の指揮するフェネルバフチェ(トルコ)でリーグ制覇に貢献。昨季からアンジに所属していた。

 ブラジル代表としても125試合に出場し、02年W杯日韓大会では同国代表5度目の優勝に貢献した。

 引退試合はアンジと、レアル・マドリードとの間で調整しているという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年8月2日のニュース