北朝鮮 国旗取り違えに抗議 試合開始1時間以上遅れ「憤慨した」

[ 2012年7月26日 09:39 ]

サッカー女子1次リーグ、コロンビア―北朝鮮の試合前、国旗の取り違えで抗議する北朝鮮関係者

 25日に英国のグラスゴーで行われたロンドン五輪のサッカー女子1次リーグG組のコロンビア―北朝鮮で、試合前に流される選手紹介の映像で韓国の国旗が誤って電光掲示板に表示されたことに北朝鮮が抗議し、試合開始が1時間以上遅れるトラブルがあった。北朝鮮が2―0で勝った。

 当初の開始予定時刻は午後7時45分だったが、北朝鮮の選手がピッチに出ることを拒み、キックオフが大幅に遅れた。北朝鮮のシン・ウィグン監督は試合後、「国旗は重大な問題。あたかも韓国の選手のように紹介されたので憤慨した。二度と起こらないことを願う」と話した。

 大会組織委員会は「明らかなミスで、チームと北朝鮮オリンピック委員会に謝罪し、再発のないことを約束する」との声明を出した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月26日のニュース