G大阪ジュニアユース、逆転負けでマンU杯準V

[ 2012年7月26日 06:00 ]

 中学生年代のクラブ世界一を争うマンチェスター・ユナイテッド・プレミア杯の決勝が25日、上海スタジアムで行われた。

 日本勢初の優勝を狙ったG大阪ジュニアユースはウニベルシダ・カトリカ(チリ)に1―2で逆転負け。終了間際の失点に泣いたが、00年の東京Vジュニアユースに並ぶ準優勝に輝いた。準々決勝でパチューカ(メキシコ)にPK戦の末に勝利し、準決勝では優勝候補のサントス(ブラジル)を1―0で撃破。トップチームがJ2降格危機に直面する中、下部組織は世界の舞台で奮闘した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月26日のニュース