香川「ゴールが取れてよかった」ファーガソン監督「満足している」

[ 2012年7月26日 00:13 ]

上海申花との親善試合に先発し、攻め込むマンチェスター・ユナイテッドの香川真司(左)

 マンチェスター・ユナイテッドは25日、上海で中国スーパーリーグの上海申花と親善試合を行い、1―0で勝った。香川はトップ下で初めてフル出場し、後半23分に決勝ゴールとなる移籍後初得点を挙げた。

 香川は「結果的にゴールが取れてよかった。もっともっと積み重ねていかなければならないところもある。もっと厳しい戦いが始まる。チームとしても、個人としてもコンディションを上げ、レベルアップしたい」と語り、ファーガソン監督も「香川は今後、チームに大きな貢献をするだろう。彼のプレーに非常に満足している。香川の特長は、思考がとても速いことだ。合理的な判断ができる選手だ」と認めていた。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月26日のニュース