吉田、徳永ら連係確認 五輪日本代表事前合宿開始

[ 2012年7月17日 09:08 ]

ミニゲームで扇原(右)にタックルする宇佐美

 ロンドン五輪に臨むサッカー男子(原則23歳以下)の日本代表は16日、英国中部のパッキントンで事前合宿を開始し、小雨の中で行われたミニゲームではともにオーバーエージ(OA)枠で入った吉田(VVVフェンロ)がセンターバック、徳永(FC東京)が左サイドバックに入って連係を確認した。

 日本での合宿には不参加だったMF宇佐美(ホッフェンハイム)とDF酒井高(シュツットガルト)が合流。代表18人とバックアップ4人を合わせた22人が初めてそろい、約1時間調整した。

 日本代表は18日にベラルーシ、21日にメキシコと強化試合を行い、26日の五輪1次リーグ初戦のスペイン戦に備える。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2012年7月17日のニュース