川島、ベルギー強豪Sリエージュ移籍が急浮上

[ 2012年7月4日 06:00 ]

 ベルギー1部リールセの日本代表GK川島永嗣(29)がベルギーの強豪スタンダール・リエージュへ移籍する可能性が急浮上した。

 3日付のベルギー紙アントワープ・ガゼッタはSリエージュが負傷したトルコ人の正GKボラトの後釜に川島をリストアップしたと報じ、他の複数のメディアは既にクラブ間で合意したと報道。両クラブの幹部も交渉の事実を認めており、現在は川島サイドとSリエージュが交渉を行っている段階という。

 川島は10年7月に、1年の延長オプション付きの2年契約で川崎Fからリールセに移籍。現時点で1年のオプションを残すが、さらなるステップアップを目指しリールセ退団を明言。移籍先を探している。Sリエージュは昨季リーグ5位に終わったが、リーグ優勝10回を誇る名門。川島の決断に注目が集まる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月4日のニュース