杉本健“サプライズ選出の先輩”からの助言に感謝

[ 2012年7月4日 06:00 ]

 最年少の19歳で五輪代表入りしたJ2東京Vの杉本健が、06年W杯ドイツ大会に出場した“サプライズ選出の先輩”巻からアドバイスを送られた。

 杉本健の五輪予選出場はわずか7分。「僕もそうだったけど、健勇も代表であまり長くプレーしていない分、早く特長を分かってもらわないといけない。練習や強化試合から全力でやった方がいい」との助言に、杉本健は「その通りですね。全部全力でやるだけです」と決意を新たにした。唯一のJ2勢として15日は午後6時開始の鳥取戦後、大急ぎで渡欧予定。五輪前の残り2戦全勝を置き土産にしたいところだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年7月4日のニュース