全Jクラブが申請届け出 ライセンス制度で

[ 2012年7月3日 20:43 ]

 Jリーグは3日、2013年からの「クラブライセンス制度」の導入に伴い、Jリーグの全40クラブとJリーグ準加盟で現在は日本フットボールリーグ(JFL)のカマタマーレ讃岐、V・ファーレン長崎からライセンス申請が出されたことを明らかにした。6月30日は提出期限だった。

 同制度では競技、施設、人事組織、法務、財務と五つの基準を設け、満たさなければライセンスが交付されず、リーグに参加できない。今後はJリーグが任命する弁護士、公認会計士らで構成する審査機関が審査し、ライセンス交付の可否を9月までに決める。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年7月3日のニュース