ナビスコ王者鹿島が抱負 遠藤「どこまで通用するか楽しみ」

[ 2012年7月3日 17:00 ]

 サッカーのスルガ銀行チャンピオンシップ(8月1日・カシマスタジアム)に出場するJリーグ・ヤマザキナビスコ・カップ王者、鹿島のジョルジーニョ監督らが3日、都内で記者会見し、同監督は「試合の重みを感じて挑みたい」と必勝を誓った。

 相手は南米カップ優勝のウニベルシダード・デ・チリ(チリ)。昨年6月に国際親善試合のペルー戦で日本代表デビューした西は「南米は個人の能力が高い。100パーセント、勝つために戦う」と意気込み十分で、遠藤は「自分がどこまで通用するか楽しみ」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年7月3日のニュース