沢当選に「正直ホッとした」“最後の五輪”に集大成だ

[ 2012年7月3日 06:00 ]

さあ五輪モード!!左手に五輪のマークをあしらったネイルをみせる沢

女子ロンドン五輪メンバー発表

 五輪代表メンバーの発表が行われた都内のホテルで会見した沢は「ベストを尽くさないと(代表に)選んでもらえないが、今年に入ってベストの状態でできていなかった。不安な毎日だった。正直、ホッとしています」と大きく息を吐いた。

 3月のアルガルベ杯中に良性発作性頭位めまい症を発症。6月のスウェーデン遠征で代表に復帰したものの、今も状態は「2、3割」と決して万全ではない。それでも「彼女のパフォーマンスは上がってくる」と佐々木監督から厚い信頼を受け選出された。96年アトランタ五輪からこれで4度目の大舞台。「年齢的に考えても最後の五輪になるかもしれない。集大成として結果にこだわりたい」と言い切った。

 休養中に衰えた感覚を取り戻すため、現在はチーム練習後に毎日別メニューのフィジカルトレーニングを行っている。「(五輪初戦まで)時間はある。大きな大会前には何かしらハプニングがあるので活躍するための試練です」。前回の北京は4位とあと一歩でメダルに届かなかった。「悔しい思いの4年をぶつけたい。金メダルと言いたいが、とにかくどの色でもいいのでメダルを獲りたい」と“最後の五輪”への決意を口にした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年7月3日のニュース