ベッカム落選でピアース監督に批判も リネカー氏「非常に遺憾」

[ 2012年6月29日 16:47 ]

 ロンドン五輪の英国代表入りを逃した元イングランド代表MFデビッド・ベッカム(37=ロサンゼルス)。OA枠で出場を熱望していたがかなわず、「とても失望しているけれどチームが金メダルを獲得することを願っている」と声明を出した。

 地元メディアによると、OA枠の3人に選ばれたのはマンチェスターUのMFギグス、リバプールのFWベラミー、マンチェスターCのDFリチャーズ。英BBC(電子版)によると、五輪代表のピアース監督は27日、ベッカムに直接電話し、OA枠でDF選手が必要だと落選理由を説明した。

 英国内では同監督に対する批判も出ている。元イングランド代表のFWとして活躍し、J1名古屋でもプレーしたリネカー氏は「落選するとは全く考えていなかった。五輪招致にも大きく貢献したのに非常に遺憾だ」と語った。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年6月29日のニュース