ザック監督 視察と休暇で渡欧「日本の生活も代表チームも気に入っている」

[ 2012年6月25日 13:32 ]

 サッカー日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督が25日、欧州選手権やロンドン五輪の視察と休暇のために渡欧した。

 五輪では少なくとも日本男子の1次リーグ3試合を観戦する予定で「素晴らしいチームと監督で臨むので、勝ち進んでくれるだろう」と期待を掛けた。

 今月から始まったワールドカップ(W杯)アジア最終予選の前に代表監督の契約を延長した。「日本の生活も代表チームも気に入っている。2年間でいい手応えを得たので、W杯まで指揮を執りたい」と意欲を示した。

 同監督は8月上旬に再来日する予定。日本代表は同15日に札幌ドームでベネズエラ代表と国際親善試合を行う。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年6月25日のニュース