この戦い方しか思い浮かばなかった…大宮、守りに徹して勝ち点1

[ 2012年6月23日 22:45 ]

J1第15節 大宮0―0広島

(6月23日 広島ビ)
 FWラファエルを故障で、MFチョ・ヨンチョルを出場停止で欠く苦しい布陣の大宮は「ベタ引き」戦法で勝ち点1を得た。攻撃時でもリスク管理を徹底し、相手のクロスに対しては7人をペナルティーエリア内につぎ込んで死守した。

 就任2戦目で連敗を3で止めたベルデニック監督は「現時点でわれわれが広島から勝ち点を奪うには、この戦い方しか思い浮かばなかった。今後は攻撃面を改善したい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2012年6月23日のニュース