大仁副会長昇格、新会長に承認 サッカー協会理事会

[ 2012年6月22日 06:00 ]

 日本サッカー協会は21日、東京都内で理事会を開き、大仁邦弥副会長(67)が昇格して新会長に就任することが承認された。

24日の評議員会と新理事会を経て正式決定する。理事会では次期役員候補推薦委員会からの提案を受けて役員改選について協議、結果は公表されなかった。小倉純二会長(73)は定年で退任し、名誉会長に就く。川淵三郎名誉会長(75)は最高顧問になる。副会長はJリーグチェアマンの大東和美氏(63)と田嶋幸三氏(54)が留任。田嶋氏が兼任していた専務理事には田中道博常務理事(54)が昇格する。

続きを表示

「日本代表」特集記事

「サッカーコラム」特集記事

2012年6月22日のニュース