清武 ニュルンベルク専属通訳は香川支えた山森氏

[ 2012年6月22日 06:00 ]

 ドイツ1部ニュルンベルク移籍が決まった日本代表MF清武弘嗣の専属通訳を、ドルトムント時代の香川を支えた山森順平氏が務めることが分かった。

 山森氏はドイツ語と英語の2カ国語を操り、2年間、ピッチ内外で香川をサポート。関係者は「山森さんがいなければ、今の香川はいなかったと思っている」というほど、絶大な信頼を寄せている。清武とも面識があり、慣れない海外生活で成功を知る人物の援助は大きいはずだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2012年6月22日のニュース