五輪OA基本参加せず…GK林「協会とチームで決まったこと」

[ 2012年6月21日 14:27 ]

 ロンドン五輪代表のオーバーエージに選出されながら、GK権田修一(23=FC東京)が負傷などで離脱した場合以外はメンバー入りしないことが19日に確認された清水GK林彰洋(25)が、チームの再浮上に集中する。

 「協会とチームの話し合いで決まったこと。ボクは必要とされるところで頑張るだけ。チームの試合に集中して、35人(五輪代表の予備登録)に選んだかいもなかった、と言われないようにしたい」と話した。

 7月上旬の同代表合宿には参加する可能性もあり、また五輪代表の不測の事態も気にしておかなければならないが「プロとしてしっかり体のケアをしていきたい」とバックアップ選手として気持ちを切らさないつもりだ。23日の鳥栖戦(アウスタ)については「ロングスローがあるチーム。スキを与えないようにしたい」とまずは次戦で結果を残す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年6月21日のニュース