J2岐阜、1億5000万円不足…支援団体が援助へ

[ 2012年6月20日 20:07 ]

 Jリーグから財務状況の不安を指摘されているJ2岐阜の資金が、今季終了までに1億5000万円不足する可能性があることが20日、分かった。

 岐阜県によると、同日に開かれたクラブと経営支援団体との意見交換会で、岐阜の今西和男社長は民間の経営コンサルタントの分析を踏まえて検討した結果、運転資金が1億5000万円不足すると説明。支援団体が資金を援助する方針で合意したという。

 岐阜は昨季、約7000万円の赤字で、債務超過額は1億4600万円に上っている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年6月20日のニュース