宇佐美 新天地で初練習「試合に出ていない自分を誘ってくれた 応えたい」

[ 2012年6月20日 09:49 ]

 サッカーのドイツ1部リーグ、ホッフェンハイムに1年間の期限付きで移籍したロンドン五輪日本代表候補のMF宇佐美貴史が19日、チームに合流して初めて練習し「今季が勝負の年になる。たくさん試合に出ていいシーズンにしたいし、得点も多く取りたい」と意気込んだ。

 ボールに触るのは約1週間ぶりという宇佐美は、パス回しなどで感覚や体調を確かめるように汗を流した。左MFに入った紅白戦ではミドルシュートも放った。約1時間の練習を終えた後はファンに対し、笑顔でサインに応じた。

 昨年はバイエルン・ミュンヘンに移籍したが、出番に恵まれず退団。契約は来夏に完全移籍できるオプション付きで「試合に出ていない自分を誘ってくれたので期待に応えたい。(五輪も)意識しながら練習に取り組みたい」と意欲的だった。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年6月20日のニュース