金星逃した…ビリッチ監督 ラスト采配「素晴らしい6年間だった」

[ 2012年6月19日 08:40 ]

<クロアチア0―1スペイン>指示を出すクロアチア代表のビリッチ監督
Photo By スポニチ

欧州選手権グループC クロアチア0―1スペイン

(6月18日)
 クロアチアは攻守にまとまりを見せたが、惜しくも金星を逃した。最大の好機は後半14分。モドリッチの絶妙なクロスからラキティッチが頭で狙ったが、GKカシージャスに止められた。ビリッチ監督は「あと少しで勝てた」と悔しさをにじませた。

 監督は今大会限りで退任し、今後はロコモティフ・モスクワ(ロシア)で指揮を執る。「準々決勝に行くつもりだったから、これが最後の試合になるとは思わなかった。素晴らしい6年間だった」としみじみ語った。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年6月19日のニュース