京川スタンドから応援「早く治そうという刺激もらった」

[ 2012年6月18日 06:00 ]

<U-20女子 日本・米国>松葉杖で応援に駆けつけた京川

U―20女子国際親善試合 日本代表1―0米国代表

(6月17日 長居)
 京川はスタンドから仲間の戦いを見守った。

 U―20W杯では日本のエースとして活躍が期待されていたが、5月に左膝に全治6カ月の重傷を負った。試合後は松葉づえをついてロッカールームを訪れた。「本当は自分がU―20を引っ張ってW杯で優勝したかった。世界でも実力のある米国に勝てたのは本当にうれしい」。得点した田中陽とはメールで連絡を取り合っているそうで「頑張っている姿を見て、早く治そうという刺激をもらった」と元気をもらった様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2012年6月18日のニュース