ウェストブロミッジ新監督にクラーク氏

[ 2012年6月8日 21:39 ]

 サッカーのイングランド・プレミアリーグのウェストブロミッジは8日、リバプールでコーチを務めていたスティーブ・クラーク氏の新監督就任を発表した。契約は2年。前任者のロイ・ホジソン氏が5月にイングランド代表監督に就いたため、空席となっていた。

 48歳のクラーク氏はコーチ経験が豊富で、チェルシー時代にはモウリーニョ監督の下で2度の同リーグ制覇を経験した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「アジア杯」特集記事

2012年6月8日のニュース