欧州選手権 人種差別行為で試合中止も…プラティニ会長明言

[ 2012年6月7日 12:09 ]

 欧州サッカー連盟(UEFA)のプラティニ会長は6日、開幕を8日に控えた欧州選手権を前にワルシャワで記者会見し、観客から選手に対する人種差別行為が行われた場合、試合を中止する権限を審判団に与えると明らかにした。

 UEFAは人種差別に反対する団体から31人の監視員を招き、観客席の横断幕や応援歌、観客の行為などを監視する。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2012年6月7日のニュース