本田は臨戦態勢に…試合に集中するため報道対応なし

[ 2012年6月7日 06:00 ]

本田は一人イレブンからを離れ、入念にランニングをして練習の準備をする

W杯アジア最終予選グループB 日本―ヨルダン

(6月8日 埼玉スタジアム)
 日本代表MF本田圭佑がオマーン戦に続く2試合連続ゴールに向け、臨戦態勢に入った。ヨルダン戦が2日後に迫ったことで、この日から取材陣への対応はなし。試合に集中するためのルーティンで、ファンの声援にも手を上げて応えただけで、どの選手よりも先にバスに乗り込んだ。

 昨年9月に手術した右膝の状態は万全ではないが、試合出場に支障はなし。得点のイメージを描きながら、神経を研ぎ澄ませている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2012年6月7日のニュース