麻也、OA枠濃厚!プレミア移籍へ五輪でアピールだ

[ 2012年6月7日 06:00 ]

ヒモを使ったアップをする吉田(中央)

W杯アジア最終予選グループB 日本―ヨルダン

(6月8日 埼玉スタジアム)
 ロンドン経由でプレミア移籍を狙う!ヨルダン戦でスタメン出場が確実なDF吉田麻也(23)が、ロンドン五輪でオーバーエージ枠(OA)としてメンバー入りすることが6日、濃厚となった。日本サッカー協会関係者が明かした。

 5日に香川のマンチェスターU移籍が決定。同学年のステップアップが発奮材料にならないわけがない。昨年6月に都内で開催したサッカークリニックで、吉田は「理想はマンチェスターU」と明言。将来的なプレミア入りを目標に掲げている。

 すでに所属するフェンロのハイ・ベルデン会長は今夏の移籍を容認する姿勢を示し、吉田自身も移籍を熱望。しかし現在は具体的なオファーに発展していない状況で、世界から多くのスカウトが集うロンドン五輪は大きなアピールの場とも言える。「(招集された時の)準備はしています」と出場に前向きで、日本協会から正式な要請が届けばフェンロ側も容認する可能性が高い。

 世界にアピールするためにも、ヨルダン、オーストラリアと続くアジア最終予選では結果を出さなくてはならない。シュート1本に抑えたオマーン戦同様に、カウンターを警戒する90分間となるが「同じことを繰り返す地味な作業だけど集中することが大事。自分たちのプレーをすれば勝てる」。ヨルダンは記念すべき代表初得点を挙げた縁起の良い相手だ。攻守で存在感を見せつけ、五輪の座をもたぐり寄せる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2012年6月7日のニュース