今野&麻也 CBコンビにザック監督が居残り指導

[ 2012年6月3日 06:00 ]

駒野、森本、今野、本田、吉田、岡崎、内田(左から)らイレブンがフィジカルトレーニングのため移動する

ブラジルW杯アジア最終予選 日本―オマーン

(6月3日 埼玉スタジアム)
 全体練習後、今野泰幸、吉田麻也のセンターバックコンビが、ザッケローニ監督から居残り指導を受けた。練習内容などについてはかん口令が敷かれているため、詳細は不明だが、今野によれば「チームコンセプトの確認」という。

 オマーン戦に向けては相手のカウンター攻撃に対する守備の練習に多くの時間を費やしてきた。吉田は「カウンターに対して、どれだけいいポジションを取れるか。パスの出どころをつぶしたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年6月3日のニュース