懐かしのメンバー大集結!宮本氏引退試合が7・16開催

[ 2012年6月1日 06:00 ]

7月16日にホームズスタジアムで、元神戸の宮本恒靖氏の引退試合が開催されることが分かった

 昨年12月に現役を引退した元神戸の宮本恒靖氏(35)の引退試合が、7月16日にホームズスタジアムで開催されることが31日、分かった。自身が所属した思い入れのある3チームが集まる予定で、ツネ様にふさわしく豪華な舞台で最後の花道を飾る。

 現役最後の3年間を過ごした本拠に集結するのは、G大阪でリーグ戦の初タイトルを獲得した05年当時のメンバー、02年日韓W杯のトルシエ・ジャパンや06年ドイツW杯のジーコ・ジャパンでともにプレーしたメンバー、そして自身が在籍した当時の神戸のメンバー。出場選手は現在も交渉中だが、ビッグネームが名を連ねることは間違いない。G大阪時代に師弟関係にあった西野監督が、この5月から神戸の指揮官に就任したのも何かの因縁を感じさせる。

 引退試合を終えた後は、ロンドン五輪観戦のために渡英する予定。9月からは、国際サッカー連盟(FIFA)の運営する大学院「FIFAマスター」に入学し、約1年間にわたる勉強の日々をスタートさせる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年6月1日のニュース