柏 悔しいオウンゴール…ゴールラインを越えたと判断された

[ 2012年5月30日 22:56 ]

死闘の末に蔚山に敗れ、肩を落とす柏イレブン

ACL決勝トーナメント1回戦 柏2-3蔚山

(5月30日 蔚山)
 柏は1―1の後半に微妙なプレーがオウンゴールと判断された。相手の低いクロスに近藤が触れてコースが変わり、GK菅野がキャッチしたが、ゴールラインを越えたと判断された。

 近藤は「自分は分からないけど、主審がゴールと認めたのでゴールなんじゃないですか」と悔しさをにじませた。猛抗議したGK菅野は「自分の目の前だったから…。でもそういう判定はあるし、しょうがない」と潔かった。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年5月30日のニュース