U―23代表 Jクラブとサバイバルマッチ 35人→18人に

[ 2012年5月30日 08:41 ]

 U―23日本代表が6月18~20日に予定している国内合宿で代表選考の“サバイバルマッチ”を計画していることが判明した。

 日本サッカー協会の強化幹部によれば、現在、Jクラブとの実戦を調整中。合宿前には五輪代表候補となる35人を発表し、サバイバルマッチを経て6月下旬にも18人の五輪代表を選出する見込みだ。

 唯一のネックは、合宿に欧州組が参加できない可能性が高い点。欧州では各クラブともキャンプを始動する時期と重なるためで、首脳陣にとっては欧州組と国内組の見極めが重要となる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年5月30日のニュース