香川 トップ下で出場し1得点、意識は6・3オマーン戦へ

[ 2012年5月28日 06:00 ]

<日本代表・浦和ユース>シュートを放つ香川(中央)

練習試合 日本代表6―0浦和ユース

(5月27日)
 トップ下で出場して1得点を決めた背番号10香川真司は6月3日の初戦オマーン戦にピークを持っていく考えを示した。

 ミーティングでも指揮官から初戦の重要性を説かれたといい「そこに最大限、集中していきたい。ドルトムントと同じようにやっていきたい」とコメント。敬愛する三浦知良が最年長得点を挙げたことも大きな刺激となっており「チャンスで決めたい」と早くも気合十分だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年5月28日のニュース