関塚監督 欧州組に期待「実戦で見てみたい」

[ 2012年5月18日 19:19 ]

記者会見でトゥーロン国際大会のメンバーを発表する、U―23男子日本代表の関塚監督

U―23日本代表20選手発表

 関塚監督は欧州組への高い期待を口にした。

 ―欧州でプレーする5人を選出した。

 「なかなか、彼らを呼びたくても呼べなかった。指宿は高さ、前線の保持力がある。高木はずっとユトレヒトで出ている。(酒井)高徳はドイツで試合を積んで、右でも左でも(サイドバックが)できる。宇佐美は爆発的なドリブル突破からのシュート。彼らの力を実戦で見てみたい。期待している」

 ―トゥーロン国際大会は五輪本番の予行演習。

 「今回は中1日。連戦が利かないといけない。そのへんは大事な要素になる。その中で、どれくらいできるか」

 ―主力の山口(C大阪)が外れ、村松が入った。

 「山口の力はある程度分かっている。いろんなトライをしたい。全体の編成の中で、今回はこのメンバーに決定した」

 ―ACLやフル代表との兼ね合いを除き、今回選ばれなかった選手に五輪代表入りの可能性は残っているのか。

 「国内の選手を見る機会はこれからもある。(今大会に)連れて行って試したい選手が何人もいる。ただ、海外組はここしかチャンスがない。(選ばれなかった選手の)チャンスが消えたわけじゃない」

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年5月18日のニュース