香川 本音はバルサ希望「行けたら一番なんでしょうけど…」

[ 2012年5月16日 11:34 ]

ドイツから帰国し、記者の質問に答えるドルトムントの香川真司

 日本代表MF香川真司(ドルトムント)が16日、ドイツでのシーズンを終えて羽田空港に帰国した。プレミアリーグへの移籍が噂されている同選手は、空港で報道陣の質問に答えた。

 移籍が噂される強豪マンチェスター・ユナイテッドのファーガソン監督と面会したことを明らかにし、プレミアリーグの印象を「総合的に見たら、プレミアが今は一番レベルが高い。すごく激しい、厳しいリーグ」と語った。

 また、「そういう中でプレーできれば成長できるかなと思います」と同リーグを一番の移籍先としていることを明言した。

 しかし、スペイン・リーガエスパニョーラへの関心を聞かれると、「バルサに行けたら一番なんでしょうけど、まだ自分には足りないと思っています」とバルセロナ移籍を将来的には希望していることも明らかにした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年5月16日のニュース