デュッセルドルフ 16季ぶり1部復帰

[ 2012年5月16日 08:03 ]

 ドイツ1、2部リーグの入れ替え戦第2戦が15日行われ、2部3位のデュッセルドルフが本拠地で1部16位のヘルタ・ベルリンと2―2で引き分けた。

 2戦合計4―3で、デュッセルドルフが16季ぶりの1部復帰を決めた。

 既に1部昇格を決めていたのは、クラブ史上初の1部昇格を果たしたグロイター・フュルトと、元日本代表FW高原直泰、稲本潤一が所属していたフランクフルトの2チーム。

▼12/13ブンデスリーガ1部チーム
ドルトムント、バイエルン・ミュンヘン、シャルケ、ボルシアMG、レバークーゼン、シュツットガルト、ハノーバー、ボルフスブルク、ブレーメン、ニュルンベルク、ホッフェンハイム、フライブルク、マインツ、アウグスブルク、ハンブルガーSV、グロイター・フュルト、フランクフルト、デュッセルドルフ

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2012年5月16日のニュース