風間フロンターレ初白星!超攻撃的サッカー2戦目で手応え

[ 2012年5月4日 06:00 ]

<川崎F・磐田>就任2戦目で初勝利を収めた川崎F・風間監督はサポーターの祝福に手を叩いて応える

J1第9節 川崎F4-3磐田

(5月3日 等々力)
 風間フロンターレが初勝利を挙げた。川崎Fは4―3で磐田に競り勝ち、ホーム等々力での連敗を3で止めた。4得点以上は5ゴールを決めた昨年6月15日の大宮戦以来。最後は冷や汗をかいたが、超攻撃的スタイルを掲げる風間八宏監督(50)が指揮を執ってわずか2試合目で手応えをつかむ大量得点となった。

 相手の反撃をしのぎ切ると、右腕でこん身のガッツポーズを決めた。3点差から1点差に詰め寄られた。後半35分の相手PKをGK西部が止めなければ勝敗の行方は分からなかった。それでも勝ち点3を手放さなかった。風間監督は「(3―0と)点差が開いても、選手たちから“もっと点を取りにいってもいいか”という声が出てきた。追いつかれてもいいから、やりたいようにやらせようと思いました。でもちょっと疲れましたね」と、苦笑いを浮かべながら初勝利の余韻に酔いしれた。

 先発入れ替えがはまった。初采配の前節4月28日の広島戦では控えだった大島を先発に起用。その大島が前半30分、左サイドの矢島にパスを出してゴール前へ走り、矢島の折り返しを決めた。「“パスを出したら止まるな。走れ”と監督に言われていた」。観戦した両親の前でプロ初ゴール。19歳が大量得点の口火を切り、指揮官の期待にも応えた。

 まだ課題はある。3失点のうち、2失点はサイドからのクロスが起点。風間監督は「相手のサイド攻撃を止められなかったし、ミスパスが多い。そこを高めていければ」と中2日で迎える名古屋戦(豊田)を見据えた。攻撃には手応えをつかんだ。あとは守備面を修正し、アウェーに乗り込む。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年5月4日のニュース