浦和、今季本拠地初黒星 2位浮上の一戦落とす

[ 2012年5月3日 22:42 ]

J1第9節 浦和1-2横浜

(5月3日 埼玉)
 浦和は勝てば2位に浮上できた一戦を落とした。不調の横浜を相手に、今季本拠地初黒星。試合終了の瞬間、選手はぼうぜんと立ち尽くし、ペトロビッチ監督は「選手は責められないが、痛い敗戦だった」と嘆いた。

 2失点はともにCKからだった。DF永田は「セットプレーに迫力があるのは分かっていた。それだけなんだけど…」と悔やんだ。

 攻撃陣も横浜Mの守備網をなかなか崩せなかった。槙野のゴールで一時同点としたが、それも実らなかった。ペトロビッチ監督は「相手の予想できないようなパスなど、アイデアが足りなかった」と振り返った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年5月3日のニュース